FC2ブログ
現在の閲覧者数:

炸裂☆クリカラ・ゴージャス・クロー・パンチ!

Image2028.jpg
「ねえ、ゆり隊長代理!……もうそろそろいいかな、おまんこむずむずして我慢できない!」
「よぃ、行ってみようかぁ……あくまでも新2年生の顔見せだし、そこんとこよろしく☆」
援交娘のゆみの言葉に、笑顔でゴーサインを出すゆり。
ゆみの能力は3年生で決して高い方ではない。だが、ずば抜けて性欲が強い……彼女の行動が戦局を動かすパラメータとなる。
Image2032.jpg
本格的に来るか、3年生ども……俺は2年生をまとめて感淫で蹴散らしつつ、3年生の迎撃態勢をとる。
Image2038.jpg
「まずはあたしがお相手ですわ!」
きょうの1番くじは、お嬢様のさとみか……いつも後半に控えていて、俺の疲れを狙ってくるが。
まあいい、俺は手近な2年生を刺し殺し、さとみと向かい合う。
Image2041.jpg
「正義のおちんぽ硬い……もう濡れてるからいつでもいいよ」「先輩、援護しますぅ」
さとみと2年が俺に執拗に唇を求め、股間をまさぐってくる。
いつもは恥じらいと清楚があるのに、今日のさとみは荒々しいな。
Image2044.jpg
「くたばれっ!」「ぎぎいいいいいいいいっ!」「ディイイイイイイぃ!」
見えた。姉ちゃんが『早く終われよ』って顔で俺を睨んでいる。
俺はこいつらと遊ぶのが楽しみでこの仕事やってるんだよ……ちょっとは楽しませろ!
Image2047.jpg
次はしずかを倒そう。
さとみの感淫で吹き飛んでよろめいたしずかを押し倒し、俺は両脇に2年生を抱え込み、3人交互に競泳水着のお尻に肉棒をこすりつける。
「先輩よりあたしに入れてぇ!」「2年生になっても、処女膜破ってもらわなきゃ胸張れないんだから……」
哀願して俺にお尻を押し付けてくる2年生たち。
しずかは黙々とお尻を突き上げ、自分を犯せアピールをしている。完全にしゃべらないキャラになったな、コイツ。
まあ、個性を持つのはいいことだ……じゃ、後輩たちに見本見せちゃれ、しずか!
Image2048.jpg
「ディいいいいぃ!」「イッちゃううううううっ☆」「…………か……はぁ……」
けたたましい悲鳴をあげて死ぬ2年生に挟まれながら、しずかは小さくため息を漏らすだけで息絶える。
グッジョブ!いい仕事だぜ、しずか。
Image2050.jpg
「よくもしずかおおぉ!しずかの死体の上で死になさい!……ほら、おまんこグリグリ、気持ちいっ?」
競泳水着の股間を馬乗りになってこすりつけてくるきょうこ。
目立たないが、非常にいい芝居をする奴だ。いい味出すんだよな、声の張り、セリフ回しすべて一級品。
多分クセありまくりの、歴代最強小娘ちせたん・ゆり・いずみがいなきゃ、コイツがトップとってたろうな。
Image2052.jpg
「もらった、そこだ!」「きゃああああああああああぁ!」
俺に処女膜を破られ、バネのようにのけぞるきょうこ。みんな久しぶりだから、死に肩ゆっくり考える時間あったんだろう。こうやってしっかり準備してくれると、俺的にも助かる。
Image2053.jpg
「このザリガニゲップ女……誰だか知らんけど怒ったわいね!……クリカラ・ゴージャスクロー・パーンチ」
鋭いストレートが、カステヘルミの顔に刺さった。だがさすがのラスボス。トップクラスの怪人のパンチにも微動だにしない。
「誰だか知っとけよ……シャレにならねえことしたぞ、コイツ」
「まあ、バカだから誰か分かってもおんなじことするんじゃない?」
それほど驚いた様子もない、いずみとゆりの声。
「それにバカかあいつ。ゴージャスクローって……パンチしたら爪に何の意味もないじゃん。むしろ自分の手がサクッと切れるぞ」
「クリカラ……ネーミングセンスありそうだけど、たんに地元の地名つけただけでしょ、倶利伽羅峠」
Image2054_20150101211104afd.jpg
「これが最強の怪人の実力やがいね!おっとろしいがいろ?謝ってさっさと……」
ヌッ、と顔を近づけるカステヘルミ。
ドヤ顔で話す獅子吼ちゃんの言葉が途中で途切れる。
Image2056.jpg
「なんだ、立ったまま死んでるぞ!……なにがあった、何を見たんだあいつ?!」
「血まみれの次はオシッコダダ流し……可憐さもクソもないわね、あの子……」
Image2058_20150101212728648.jpg
「よかったなぁ、ちいこちゃん、ちせたんから聞いたぜ、3年昇格おめでとうな」「は、はい……ありがとうございます」
3年生のメガネキャラは、まなみちゃんが風紀委員女で怪人課程に移ってから久しぶりだな。
本来夢魔は、人間から夢魔になった時点で、異常な視力と動体視力を身につける。
メガネキャラはあくまでもアクセサリーだ。俺も悪い癖でメガネの子犯したくなるから、、2年生のあいだでは伊達メガネする奴が多いと聞く。嘆かわしい風潮だ。
だが、このちいこちゃんは、堅実におどおど内気キャラでポイントを稼ぎ、いい仕事を重ねたのが評価されたと聞く。
一発逆転狙いで、スタンドプレーに走る奴がいるが……俺もティカエルもあんまり評価しない。
動画見たソフィアの戦闘員査定表が俺のところにも回ってくるからな。
なんで俺が敵の組織の戦闘員の評価にハンコ押さなきゃならないんだよ。
……とはいいつつ、楽しいんだよな、バトルの感想のコメント入れたり、評価したらその子のポイントが反映されるし。
Image2061.jpg
さて、ちいこちゃんの昇級祝いに、3年生の役得をさせてやろう。
俺はねっとりと彼女の口腔内に舌をねじ込み、一気に突き殺さず、俺の肉棒でじっくりと彼女のクリトリスをいじめてやる。
「2年、あたしも感淫もらうんだから、その手を離すなよ。背中とおしり押し付けて……このくらいなら即死しないっしょ」
2年の女の子に俺を触らせ、自らは安全圏で感淫をもらおうとするかおり。
他の女の子たちも、感淫欲しさに集まってきて、俺にぴとっ、と密着する。
Image2063.jpg
「内気オロオロは評価するが、何かプラスワンもっておけよ……訓示は以上!」「ありがとうございますうううううぅ!」「ディイイイイイイいいっ!」

両サイドから、ななとかおりが次はあたしを犯せアピールのアイコンタクトをしてくる。
小生意気な……2人セットで犯してやる!
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ