FC2ブログ
現在の閲覧者数:

お帰り☆県境シスターズ!

Image2111.jpg
「おちんぽとクリちゃん……ゴリゴリ当たるぅ……」「おまんこクチュクチュされたら……イッちゃううぅ……」
処女膜を貫かれると死ぬ。だが股間をこすりつけるのが最大の攻撃……ギリギリの線で耐えながら、少女が俺に抱きつき俺の肉棒に愛液で濡れた競泳水着の股間をこすりつけてくる。
両サイドの2人も……悪いが処女膜を丁寧に貫いている暇はない。
Image2113.jpg
「くああぁ……」「ディイイイイイイっ☆」
少女たちが激しく痙攣して果てる。さすがに1年生の秘貝は天然でキツイな……とにかく子宮に聖液流し込んどこう。
Image2116.jpg
「怖いっ!……死にたくないよぉ!」「エデルミラお姉さま、助けてええぇ!」
エデルミラちゃんなぁ……ちせたんの話だと、レズ勝負はすごく強いけど、まだリアル処女だって噂が。
とにかくここにいるバニーを皆殺しにして、今度こそエデルミラちゃんの処女膜を頂く!
Image2120.jpg
「ていっ!」「いやあああああああんっ!」
俺は美少女達の死体を振り払い、次の美少女を抱きしめる。
Image2121.jpg
「み……みんな!次の拠点に後退して!ここはあたしが命をかけて食いとめるっ!ちーちゃん、フェラ……」
「大丈夫、やったことないけどあたし頑張る!」
Image2124.jpg
股間を生温かい感覚が襲う。こいつ、小娘部隊禁じ手のフェラを……
小隊長の小柄な美少女が俺の唇を背伸びしてふさぐ。
お仕置き覚悟で俺のものを咥えるのか……ちょっと気持ちいいじゃねぇか。
頬を上気させて一生懸命ぎこちない動きで俺のものを咥えこんでいる。
お姉さん戦闘員の手なれたフェラもいいが、1年生の一生懸命さも萌えるな。
よし、気に入った!
Image2125.jpg
「え……あの……」「ちょっと……」
殺すのは簡単だ。だが、その意気やよし!
「いいぜ、お前ら絶対立派な悪の女の子になる。今回は見逃してやるよ」
「え、そんなこと言われても……」「私たちそんなつもりじゃ……」
「お前ら1年の有望株の推挙も頼まれてるんだよ……美味しい思いさせてやる。入口の方に行きな。いいことあるぜ」
こいつらなら、次世代のホープになるだろ。
ちーちゃんって呼んでたから、成績も100番以内だろうし。
でも、優等生だからと言って、捨て駒部隊の小隊長ってのも可哀想だろ。
俺は何度もこちらを振り返り、頭を下げる女の子たちを見送る。
Image2128.jpg
「あれ……タナトスのちせさんの御主人さんでしょ。いいのかな、敵前逃亡で処刑されない?」
「エデルミラお姉さま、話せば分かってくれるわよ。まいちゃんは責任感強すぎるのよ」
フェラした方がちーちゃん、小隊長がまいちゃんらしい。普通の戦闘員は367番とか呼ばれるから、ちーちゃんも100番以内の成績の2年生なのだろう。
Image2130.jpg
「おっ、やっぱりね。島ヶ原ちゃんと話してたの。あんたたちは生き残るんじゃないか、って」
「南山城ちゃん……じゃなくて、昇級したから南山城先輩……」
まいちゃん達に立ちふさがる2人の人影。
ソコロの腹心のエリート2年生、島ヶ原ちゃんと先般のバトルが高評価を得て2年に昇級した南山城ちゃん。
うさぎさんの可愛い死に方を研究する、タナトスのもや研に当たるウサギ料理研究会『うさぎ鍋の会』
2人は2年生の唯一の役職持ち、戦略研究委員の2人である。
Image2132.jpg
「あんたたちにも手伝ってもらうわよ……」「お兄ちゃんに気に入られるお芝居しなきゃ。タナトスよりウチに興味持ってもらえるように、ね」



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ