FC2ブログ
現在の閲覧者数:

真面目なお仕事が入りました!

Image2411.jpg
「異常はない?」「ディいいいっ!」「異常ありません!」
白いコスチュームの少女に、2人の黒い衣装の少女たちが敬礼をして応える。
「かすかな男の子のいい匂い……普段の倍の警戒を心がけて。お嬢様には男の子なんか、指一本触れさせない」
そう言って白い少女は、洋風の建物に入っていく。
Image2413.jpg
「ディいいぃ……おちんちんゴリゴリクリちゃんに当たるぅ……」
俺に抱きしめられた少女が、いやがる風を見せつつも邪悪な秘貝を俺の肉棒に押し付けてくる。
「白水着……あれが『12か月の花嫁たち』。タナトスの白い姉ちゃんたちと同格か」
情報ではあの洋館の主……夢魔の貴族のハネッ返り娘の性処理係の12人の隊長達を皆殺しにしないと、結界の封印が解けず貴族娘のところには行けないらしい。
おまけに未確認情報だが、さらに強い部下に守られているとも聞く。
Image2414a.jpg
「はふぅ……おにいひゃんのおひんぽ……おいしいれしゅぅ……」
俺は戦意喪失した少女に俺のものを掃除させ、周囲をうかがう。
足元で息絶えている少女たち……おそらく少女連続誘拐失踪事件の被害者たちであろう。
だが、俺は夢魔と化した哀れな少女たちを人間に戻す真似は出来ない。厳密に言えば戻す方法はある。
夢魔化した直後なら、強靭な精神力を持っていれば普通の人間に戻ることが出来る。
そう……俺が昔夢魔から人間に戻してやった、中国のSクラスハンターの李桜蘭のように。
すでに夢魔化して数日以上たっている彼女たち……人間に戻っても重度の精神汚染で廃人同様になって、重い副作用の薬で異常に湧きあがる性欲と戦って生きなければならない。
ならば道は一つ……挟撃の危険を受けても12カ月の花嫁を誰かが復活する前に全員殺し、結界を解いて短期決戦であの洋館の主の貴族娘を殺すしかない。
そして主人を失いはぐれ夢魔化した彼女たちをタナトスに叩きこむ。それしかない。
「いたぞ、あそこだ!」
しまったなぁ……外部の見回り部隊か。12月の花嫁も1人いるな。
Image2415.jpg
「逃がしてやろうと思ったんだけどな……ちょっと処女膜破られて死んどけ、ちゃんと就職先紹介してやる」
「ひっ……お兄ちゃんやめ……ディいいいいいっ!」
背後から犯し殺され、ワナワナと痙攣する少女。
見回り部隊……臨戦態勢か。待ってろ、そっちへ行ってやる!
Image2416.jpg
黒い制服の少女たちが俺を包囲した。
全員余裕って顔してるな……それも本心から。
タナトスの連中なら、お芝居でこういう顔をするが、小便漏らしてる奴とか、この時点でぐっしょりと秘貝が濡れている奴がいると聞く。
モグリのチンピラ夢魔どもめ。俺が何者かも知らんのか……まあ、その方が幸せなまま死ねるだろうがな。
Image2417.jpg
「情けないゴミどもだ……こんなチンチクリンのイケてないメガネ君に殺されるなんて」
お、生真面目メガネちゃんかと思えば、結構ゲスい女だな……嫌いじゃないぜ、こういう娘。
「この11月……ノーベンバー隊が最初の相手とは運がない。残念ね、お嬢様の館に入ることすらできないなんて」
「おい、下っ端ども……ちょっくら痛いお仕置きするけど、てめえらの隊長がNGワード言ったからだからな」
Image2418.jpg
「NGワードってチビメガネ?……あははは、死ねっ!」
背後から急襲する少女。あーあ……そういうこと言っちゃうと……
Image2420.jpg
ベキイイィ!という嫌な音とともに、少女の腕があらぬ方向に曲がる。
「はぎ……はぎぎぎぎぎ……」
「刃物でも銃弾でも……ロケットランチャーでも傷一つ負わないよ。なるほど、夢の世界の住人の夢魔化すりゃそりゃあ当たりだ……でもな……」
Image2422.jpg
「ハンターに殴られたらたんこぶ出来る……デメリットもちゃんと聞いとけよ!」
「ディイイイイイイイイイイィ!」
放置してのたうちまわらせるのもいいが、楽にしてやろう。俺は美少女には優しいからな。
Image2423.jpg
「よくも11-27号を……死ね!」「死んじゃええええっ!」
11-27号……11月部隊の名簿27人目か……名前さえも取り上げられて。気の毒になぁ。
少女のキックが風を切る。こりゃあプロの格闘家でも一発KOレベルだな。だが、俺の特殊能力は、バトルフィールドの美女たち全員を演じさせる能力。
ティカエルのバカとウチの姉ちゃんには効かねえが……『余熱モード』でもこのくらいかわすのはたやすい。
Image2424.jpg
「草原を薙ぐカマイタチ!」「きゃああああああああああぁ!」
シュエリィのネーミングもらった。確かに『とう!』よりはおしゃれだよなぁ。
2人の少女たちがキリモミながら吹き飛ぶ。相手にならねー、さっさと全滅させるか。
Image2425.jpg
「な……何者なの、コイツ」
11月の将、ノーベンバーは明らかに動揺している。メンタルの弱い奴だ。
まあいい、一気に動揺しているところを押し潰してやる。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ