FC2ブログ
現在の閲覧者数:

おい、社会の仕組みを叩き込め!

Image0394.jpg
(しまった!……白が混ざってるの忘れてた)
口に出して叫びたかったが、俺の舌技を駆使して、目の前に押し付けられた汚い割れ目をぶっ殺すのが先だ。
モリさんは躊躇なくスキが出来た俺の股間に吸いつき、ねっとりとしたフェラをねじ込んでくる。
とにかく一人でも多くの2年生どもを片付けて行かんとな。
俺は両手と舌を駆使して、股間はあえて捨てることにする。
余裕を作って一気に……ぶち込む!
Image0397.jpg
「好きなだけ飲め……おらああああぁ!」「うぶううううううううううっ!」
俺はモリさんの頭を抑え込み、目一杯のモノを注ぎ込んだ。
これはきついぞ。普通なら即死できても、生き返るたびに俺の聖液で消化器が焼かれ相当苦しいはずだ。
多分そこまで考えてはいない……と信じたい。
モリさんもさすがに俺の聖毒には耐えられず、水着が消滅し痙攣して潮を拭き、小刻みに痙攣して崩れ落ちた。
Image0398.jpg
「ねぇ、ちづる……モリ先輩、絶対タッくんといっぱいセックスしたいだけだよねぇ」
「だよねー、結構理想のリーダーとかほかの部隊から言われてるけど……強さ的には、特別すげーって訳じゃないよね。ただクマムシみたいにしぶと……いっ?!」
かおりの言葉を引き継いでしたり顔に語るちづるの顔がそのまま凍りつく。
Image0400.jpg
「一応聞いといたげるわ、顕微鏡で見たら可愛い方か、あったかいんだかぁ♪……のほうか。どっち答えてもシバキ倒すで!」
「ひっ……ひいっ!先輩!?」「死にましたよね、向こうで即死しましたよね?!」
かおりとちづるの硬直した表情……
化け物並みの生命力と回復力は知っていた……だが、なぜ彼女が白戦闘員のエリート中のエリートなのかまでは分かっていなかったようだ。
「誰なん、今の3年の風紀担当。あかんやんか、上官批判は鉄拳制裁やで……誰や、前出てきーな!」
モリさんの関西弁は京都系だ。ソコロやあけみの河内系とはまた少し響きが違う。
「押忍!自分っス」
モリさんの剣幕に動じることなく、もや研の副部長である、ののかが前へと進みでる。
「どないやの、このインチキ小○生と南京玉すだれ頭……なんも思わへんの、自分!?」
「な、南京玉す……」「到底容認できません」
独特の暑苦しい髪形のかおりが食ってかかろうとするのを、凛とした声で制し、ののかが隊長に頭を下げる。
Image0403_20150405034623d44.jpg
「アンタ的には、どないオトシマエつけるん?……ちゃんと社会の仕組み教えとき。信じられへんわー、ウチが3年時こんなんやなかったけどなぁ。なんかおかしいんちゃう、3年。トップがハンターと結婚するし、なれ合いで全員喜んで希望のフィニッシュとか相談して、タッくんとセックスしまくってるし……とりあえずいてこましとき!」
「押忍!……先輩のありがたい温情だ。一時的に2年に格下げ。2人とも戦って来い!」
「おごおおおっ!」
親友であるちづるの頬に、ののかの容赦ないストレートが炸裂する。続いてかおりに平手打ち。
かおりとちづるがなんかペコペコとモリさんに頭を下げてるな。

……こっち向かってきた。3年投入にはまだ早いだろう。
まあいい、向かってくるなら容赦せん。一気に沈めてやる。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最近の話まさにバトルファックッて感じがします。
純粋にエッチして、闘ってという感じで時折口元写すなど細かいところもあってパパさんの技量また上がってきてる気がします。

あんまり技巧とかは意識してないんですけど、あんな体位がいいな、とか女の子を両脇に抱えて……とか、どんどんエロが湧いてきて仕方ないんですよ。

で、乱交に飽きたら、お話入れて……

その家庭のなかで、知らず知らずに身に付いてくるものがあるんでしょうね。

No title

3枚目で水着のアップが写っていますが、テクスチャがキレイに丁寧にできてるんですねー
私、この鱗のような質感の衣装すごく好きで、つやつやの水着なのにぷちぷちとしたきめ細やかな質感も表現されているこのモデルは楽しめます。

展開どんな感じで決着するのか、楽しみにしております!

Re: No title

> 3枚目で水着のアップが写っていますが、テクスチャがキレイに丁寧にできてるんですねー
> 私、この鱗のような質感の衣装すごく好きで、つやつやの水着なのにぷちぷちとしたきめ細やかな質感も表現されているこのモデルは楽しめます。
>
> 展開どんな感じで決着するのか、楽しみにしております!

>くむさん

凄いですよね、この競泳水着のきめ細やかさ。

風船フェチな私は、先に孔雀柄パンチボール想像しちゃうんですよ。着眼点が根本的に常識人の方と違うという(笑)

この先の展開……不死身のモリさんの斃し方だけは決まってるんですが、後は思うがままに、彼女たちに勝手に動いてもらおうと思ってるんですよ。

キャラに個性つけちゃうと、あとは楽チンでいいですよね。設定のままに、彼女たちが話し動いてくれますから。
もうちょっと昔に、こういうことに気づいていれば……と思っても後の祭り。

これから彼女たちがどう動いてくれるか楽しみです。
プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ