FC2ブログ
現在の閲覧者数:

格闘訓練やるぞ!【音声】

Image0295_20150701201455559.jpg
「はい、順子班、ちゅーーーーーもーーーーーーく!」
実質的なもや研の最高位、野々花……ののかの大人びた声が響き渡る。
Image0298_201507012014574a6.jpg
「携帯でいきなり来いって言われても……集まったの3人だけですわ。もともと同僚の2年のみんなに、そんな命令もしにくいし」
「いつまで234号気分でいる。もう3年に昇格したんだろうが……たった2人しか集められんのか貴様」
「……つーか、もともとウチの班ってあたし入れて3人です。友達だった675号と781号が駆け付けてくれて」
「ふん、3年風情が効いた風な口を……」
ののかの口調は厳しい。彼女はどうしても主人公といつでも遊ぶ権利のある3年生の椅子に固執したが、伝家の宝刀【業務命令】には逆らえず、白銀戦闘員へと昇格したのだ。
お姉さん部隊の赤戦闘員は、白銀に1割、あとは特殊職のエッチな悪の美少女スカウト部門・通信部隊等特殊班に回ったらしい。
「とにかく格闘のSE挿入練習だ、殴って殴って殴りまくる!……周囲の包囲音声は仕方ないから雰囲気のために入れてやる」
「先輩が殴るんですか?……お兄ちゃん……じゃなくてタッくんじゃなくて?」
Image0296.jpg
「ののたんや……このジジイが手伝いましょうかのぉ……」
「タッくんは今まで黄金の先輩22人にレイプされまくって死にかかってるんだから、ちゃんと寝てなさい!」
よぼよぼと出てきた主人公を一喝するののか。もう完全に対等以上のお姉さんポジションだ。
「よし、歯をくいしばれ、殴りまくってやる!」
ののか鉄拳!←ここをおしゃぶり昆布!
Image0299_201507012014594a4.jpg
「悪の美少女どもよ、我が拳でダンスを踊れええぃ!」「ディいいいっ!」「ディイイイイイイいっ!」「キャアアアアアァ!」
Image0300_20150701201517d33.jpg
「ギャッはっは!この身体凄い、身体が羽根のようだ……勝てないのが悔しいかザコども、強者は常に弱者を蹂躙するのだあああぁ!」
Image0301.jpg
「泣き叫ぶゴミども叩き潰したら、ゾクゾク来るやろ……おもろい事やっとんの、おんどれ、こら……わしも混ぜんかい」
「……は……はぁ……」
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ