FC2ブログ
現在の閲覧者数:

【その他】2年生№1襲来☆恐怖の4086号!

Image128.jpg
「食うてまうぞ、こらああああああああぁ!」
Image129_20151103014553996.jpg
「……と、ヤツは風呂場にサメがいることにパニックを起こし、ひっくり返る。怯んだところを二人でボコボコにしてぶっ殺す……見事な作戦だろう?」
『2年生戦闘員№1』の呼び声高い戦闘員4086号が、そう言って残忍そうな笑みを浮かべる。
それを呆れた表情で見守る4086号の同期の戦闘員4163号。超難関の『萌えるやられ研究部』……通称『もや研』の部員の一人だ。4086号には1テンポ遅れたが、それでもずば抜けた昇進スピードで期待の新星と呼ばれているエリートの一人である。
「確実に仕留められるんだろうねぇ……こっちも危ない橋を渡ってるんだ。お兄ちゃんを殺せる勝算はあるの?」
「奴はプロテクターアームとブーツをメンテナンスに出した。おまけにここは風呂場、完全に『丸腰』だ……おまけに、この天才のあたしの奇襲攻撃。むしろ勝てない理由がない」
意気揚々と言い放つ4086号。虚仮脅しではなく、心の底から信じて疑わないようだ。
Image133_20151103014558f14.jpg
「先輩……いや、ちせ。おまえを苦しめていた男は、自分が始末したッス」
「まあ、保険金が……ありがとう、4086号!」
「先輩にさびしい思いはさせないっス。これからは毎晩自分が抱いてやるっス」
「うれしい……一生あなたについて行くわ」
Image130_20151103014555f0d.jpg
「……というわけで、戦闘配置につくっス。タナトス2年生№1の実力を見せるっスよ」
「……お兄ちゃん、来たわよ」
2人は息を殺して、襲撃の機をうかがう。
洗面所から主人公の鼻歌が聞こえてくる。
Image132.jpg
「……カウンターで蹴りが顔に入ってしまった。こいつがあれか、噂に聞く2年生№1のアホ……ちせのストーカーの4086号か」
「お兄様!……見事なカウンターでございました」
「襲撃情報サンキューな、4163号。よし、許す。一緒に風呂に入れ」
「はっ!全力でお背中お流しいたしますっ!」
(……う、裏切られた……ッス……)
裏切られていなくても結果は一緒だったが、おそらく彼女の中にはそういう発想もなさそうだ。
やがて4086号の意識は、深淵へと沈んでいった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いー君のパパ

Author:いー君のパパ
(≧∀≦)ノシ☆

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ